抜きなし風俗に行く意味

お嬢様っぽい風俗嬢で最高でしたよ

彼女はお嬢様のような雰囲気だったんです。髪の毛もウェーブがかっているゆるふわなものだったし、着ている服装からしてもちょっと違うなと。そんな雰囲気の風俗嬢って実際にあんまり相手をしたことがなかったので、自分でもどんな展開になるのかなってことで結構楽し身にしていたんですよ。だってどんな展開になるのか分からないじゃないですか(笑)これまでの風俗では全然遊んだことがないタイプなだけに、初対面の瞬間からずっとドキドキしていたんですけど、彼女は見かけはおっとりなお嬢様っぽい子だったんですけどシャワーを浴びている最中からこちらに対して頻繁にアクションを仕掛けてくるのもあって、むしろ痴女だろうってくらい積極的に攻めてくれたので受け身の自分でも満足出来ました(笑)まさかですよね。だってまさかあの外見から痴女を連想させられることなんて無いと思うんですよ。でも蓋を開けたら全然そうじゃないんです。むしろ驚きの展開というか(笑)

大切な理由は快感だけじゃない

風俗が大切だなって思うのは、決して快感だけじゃないんですよ。ホームページを見て電話して気軽に遊べるというシステム的なメリットもありますけど、自分という存在そのものを受け入れてくれるという点に尽きるんじゃないのかなって思うんですよね。その他にも多々メリットはありますけど、自分が思うのは風俗っていろんな気持ちになれるじゃないですか。それと共に、いろんな気持ちを吹き飛ばしてくれるじゃないですか。リラクゼーションサービスとして最高なんじゃないですかね(笑)つまり、風俗と言えば性的な快感が大きな特徴だと思うんですけど、それだけじゃないってことですね。むしろそれ以外にもいろいろなことをもたらしてくれるからこそ、遊んでみようかなって気持ちになるし、それに性欲だけであればオナニーでも自分である程度解消出来ますけど、気持ちの面をリフレッシュさせるのは難しいじゃないですか。風俗ではそれが出来るからこそ、貴重なんです。