抜きなし風俗に行く意味

やっぱり人妻がという気持ちになった理由

風俗で遊ぶなら人妻が良いのかなって気持ちになったのは、とある人妻風俗嬢がきっかけです。Cさん(仮)はまだまだ若い人妻でした。顔も可愛らしい雰囲気なら、まだまだスタイルも崩れていないので外見的な面から見ても結構良かったんですけど、彼女はこちらのために結構いろいろなことをしてくれました。あれだけ尽くしてもらったプレイは実際には初めてだったんですよね。もちろん風俗で尽くしてもらうのは当たり前だと思うんですけど、献身的という言葉がピッタリなプレイと言うか。あんなに丁寧に、そして時間をかけてじっくりと奉仕されたのは風俗では初めてだったと思いますけど、それが自分のフィーリングにマッチしたんです。これは素晴らしいぞと。でもそれは彼女だけじゃなく、多くの人妻が実践してくれることでもあったので、やっぱり人妻がいいなって。外見のレベルの高い人妻でも、じっくりとこちらを楽しませようとしてくれるのでそれが嬉しいなって。

こんなにという気持ちはある

これだけ満足させてくれるというか、尽くしてくれるのか…という気持ちになりましたね。風俗で遊んだのは初めてではありませんので、風俗がどんな世界なのかや、女の子がどういったことをしてくれるのかくらいは自分でも把握していますけど、それを差し引いてもまさかこんなに…というのが本音なんですよね。だから自分でも物凄く驚かされたんです。だって彼女、その日の相手のRさんはちょっと「いい女」な雰囲気を醸し出している風俗嬢だったんですけど、そんな美人が自分のために優しくしてくれるのは当たり前として、奥まで咥えてくれたり涙目になりつつもこちらのために奉仕してくれているって思ったら、やっぱりいろんな気持ちが芽生えるものじゃないですか。むしろその気持ちになれて自分でも最高の満足感を得ることが出来ましたので、何気にいろんな気持ちになれましたし、あんな美人にあそこまで…という良い意味での驚きがあって満足も最高のものになったかなって。