抜きなし風俗に行く意味

相手とのコミュニケーションなんですよ

よく、「風俗は相手の女の子とのコミュニケーションが大切」と言いますよね。その理屈は分かるんですよ。しっかりとコミュニケーションを取った方が、相手だって人間なんです。警戒心も薄れますし、距離感も近付けば相手にどれだけのことをしても良いのかとかが分かってくるので、出来ることも増える…。そんな理屈だと思いますし、それは良く分かるんですよ。でも、結局風俗の時間そのものがコミュニケーション何じゃないかなと思うんですよね(笑)別に風俗嬢とコミュニケーションを取って、そこから楽しむってことじゃなくて風俗嬢と一緒にいる時間そのものがコミュニケーションそのものだと思いますので、ただ単に話をして距離を縮めるってだけじゃなくて、その時間そのものを相手との時間にってことを考えるのが何気にとっても大切なことなんじゃないのかなって思うんですよ。むしろそれが何気に大切なことでもあるんじゃないかなってことがようやく自分でも分かってきました。

楽しい。それでいいじゃないですかね?

風俗で遊ぶ理由は「楽しい」で十分なんじゃないですかね(笑)自分も昔はどうしてもいろいろな理由を探していました。別に自分を正当化する必要性と言うか、理由がないからと言って遊んじゃいけないってことはないんです。好きなように遊べばそれだけでいいじゃないですか。なのにです。つい風俗で遊ぶ時には理由を探してしまっていたんですよね。気恥しさのようなものもあったのかもしれません。でも最近はそういったことも考えることなく、「楽しいから」という理由でいつもお世話になっているんです。それだけでも十分なんじゃないのかなって。特に深く考えるのではなく、自分の気が向いた時に抜いてもらう。それは楽しいからこそだと思いますので「楽しいから遊ぶ」で十分だなって思うようになってきたんですよね。あれこれ理由を付ける必要性なんてまったくないんだなってことに自分でも気付かされたんですよね。それだけに、風俗の存在は貴重なものなんです。