抜きなし風俗に行く意味

女好きじゃないんです。女体好きです

別に彼女が欲しい訳じゃないんですよ。こう言ったら顰蹙を買うでしょうけど、セフレが欲しいんです(笑)別にデートをしたい訳じゃないんです。女なんてワガママしか言わないじゃないですか。こっちにだけお金を使わせて、じゃあ何をしてくれるのかって言っても何をするでもなく、まるでこちらを弄ぶかのように「終電で帰る」「あ、整理が来ちゃった」とか。バカにするのもいい加減にしろって思いますよね。だからそんな気持ちにさせられるくらいなら、別に恋人なんていらないよと。遊びたいと思ったら風俗に行けばよいなって。女という存在そのものが恋しくなったらその都度風俗に行って抜いてもらう方が、常日頃から気を使うこともなければ無駄に拘束されるようなこともないですし、自分にとっては都合の良い時間の使い方なんじゃないのかなって思うんですよね。その点では自分が欲しいと思っているセフレと風俗ってある意味では用途が似ていると思いますの、当分は風俗ですね。

性感マッサージで良い思いをしました

おそらく風俗の中で一番マッチしているというか、自分に合っているなって思うのは性感マッサージなんですよ。受けの美学…は大袈裟ですけど、自分自身は何をするでもなく、相手の風俗嬢のテクニックを思う存分楽しめるじゃないですか。これこそ自分が求めている風俗だろうってことで、性感マッサージでは割とよくお世話になっているんですけど、前回もかなりお世話になりました。そして、とっても楽しい時間を過ごせました(笑)相手のTちゃんは若いんですけど性感マッサージ歴はそれなりに長いみたいで、男のことを全て知り尽くしているかのようなたたずまいでした。だから初対面の時、彼女に任せておけば間違いないだろうという安心感までありました。テクニシャンだけが発するオーラというか、そういったものが彼女からは感じられたんですよね。そして案の定、プレイに於いても相当楽しい時間を満喫することが出来ましたので、最高の性感マッサージになりました。