抜きなし風俗に行く意味

風俗は結構高いんですよね

結構風俗は高めですよ。料金の話じゃなくてプライオリティの話です(笑)何をしようかなって思った解き、風俗が思い浮かぶことは多いですし、実際にそう思ってスマートフォンを取り出して風俗のポータルサイトだったり、風俗観連のコンテンツをチェックするってことは結構多いんですよ。探しておけばその分いつでもT尚占める状態になるし、それに風俗の良い所はいくつかありますけど、いつでも楽しめるという点。そして、いつでも「自分が主役で」楽しめるという点ですよね。お客が多い時には女の子の言うことを聞かなければならないってこともありません。どのようなシチュエーションであれ、向き合っている以上は「風俗嬢とお客」なんです。この関係は不変なんです。その思いがあるからこそ、プライオリティにも現れるんじゃないのかなって思っています。とりあえず遊んでおけば、女の子が自分のためにあれだけ尽くしてくれるんです。それだけでもありがたいですよ。

好奇心を満たすために風俗へ

好奇心を満たしたいからこそ、風俗に行くんです。好奇心もまた、いろんなものがあると思うんですけど、一番感じているのは性的なものじゃなく、女の子の体へのモチベーションですね(笑)「女体」と言うと何となくいやらしく聞こえちゃうものですけど、女体の神秘をより味わってみたいって思ったら、やっぱり風俗で楽しむのが一番なんじゃないかなって思うんですよね(笑)恋人はいませんけど、恋人相手にそういったことをしようものなら信頼関係にまで影響を与えてしまう可能性もあるじゃないですか。それなら風俗嬢と楽しんだ方が良いんじゃないかなって思うんですよね。それで風俗で楽しむことも多いんです。例えばAVでもよく見られる潮吹き。あれを自分でも試してみたいなって思ったら、風俗嬢相手に試すのが一番じゃないですか。レクチャーされながらのプレイであれば、自分でも楽しめちゃうんです。こうして女体の疑問を一つ一つ解決していくんですよ。