抜きなし風俗に行く意味

充実は常に積極的な姿勢で

どれだけ充実できるのかどうかは、相手の風俗嬢の力量だけの問題ではなく、自分にかかっている部分もあると考えています。風俗嬢と対面してからであれば相手の風俗嬢の力量が大きく左右するんですけど、誰を選ぶのかを決めるのは自分自身じゃないですか。自分の時間を誰に任せるのか。それがいわば大きなテーマだと思いますので、女の子選びに関しては割と慎重に選んでいますね。ポータルサイトなど、インターネットを見れば女の子の情報が掲載されているコンテンツだってたくさんあるじゃないですか。それらを見れば、誰を指名するのが良いのかだけじゃなく、自分にはどの子が良いのかをシミュレーションしたり、美人を見ればイマジネーションが膨らんだりと、いろいろな効果があると思うんですよ。そういったことを考えると、風俗って自分でいろんなことを選べるという点ではかなりありがたいものだし、この点が大きな特徴だからこそ、楽しめるんじゃないのかなって。

プレッシャーもないですしね

風俗にはプレッシャーがないのが最高です(笑)というのも、自分の仕事では常にプレッシャーが付きまとっているんですよ。そのおかげで本当にそれで良いのかや、自分の仕事のクオリティはどのようなものになっているのかなど、常にいろいろなことを考慮しなければならない状態になっているんですよね。こればかりは自分でもどうにかしたいと思いつつ、仕事である以上それが責任感なのかなってことで仕事中は常に胃がきりきりしているんです。そんな状況を考えると、何も考えずに遊べる風俗の存在は癒しとそのものです(笑)現代のオアシスだという言葉も良く分かると言うか、これだけ頭の中を真っ白にして楽しめるジャンルは他に無いんじゃないのかなとさえ思いますよね(笑)だからこそ、風俗は頼りにもしているんですよ。プレッシャーで圧し潰されそうになってしまうような時、風俗であれば多少なりともその気持ちを忘れさせてくれるのでありがたいよなって。